基本理念

今日の日本において、水道は普段の生活の中で無くてはならないものです。

飲料可能な水が各家庭・公園等の蛇口を捻れば出てくる、それが当たり前になっています。

しかし、飲料可能な水は多くの人、企業、官公庁の努力の上に成り立っています。

多くの人、企業が毎日の点検・補修等の維持を行ってきた結果の 『 当たり前 』。

 

その当たり前の一端を担う企業として、今後も当たり前を当たり前に。